安定した収入

資産運用を考えている場合、一般的には不動産投資信託とよばれる証券取引所に上場している投資口の株主となる利用方法を検討します。投資家として資産を上手く活用するには、市場での流通が左右したり価格が大きく下落するケースも考える必要があります。 そこで賢い資産運用として利用価値の高さがあるのが不動産ファンドのみんなで大家さんです。この不動産ファンドにおいては、契約済みの家賃収入が分配されるために元本の変動リスクが不動産投資依託と比較しても少ない特徴を持っています。 知識が乏しく不安定なリスクで始めるよりも、過去の実績において元本価格の変動のないみんなで大家さんを利用することは、快適に投資に参加することができる魅力がつまっています。

不動産ファンドのみんなで大家さんでは家賃収入による資産運用が可能であり、検討する際に最も気にかかるのが運用に関する価格です。 過去10年間での平均的な申込手数料の価格帯は3割から4割程度も高くなっているのが特徴で、1000万円購入の場合には平均20万円と相場が決められています。手数料は保有や継続時の費用とは異なり、一度のみの支払いであるために初期費用のコストとして含めない投資家も少なからず居られます。 ですが、みんなで大家さんにおいては申込手数料は口数問わずに無料なため、手軽に始められるのが特徴です。さらにみんなで大家さんでは1口100万円から参加が可能であるために1口投資して運用し、新たに検討ができるので賢い運用が魅力です。 資産委託の平均投資価格が高めな中、賢い利回りが期待でき、元本保全は平均年4・0%である中、年7・0%と高い安心感も特徴です。