2つのパターンがある

マンション経営にはふたつのパターンがあります。ひとつは一棟丸ごと賃貸に貸し出すもので、もうひとつはひと部屋ごとのオーナーがそれぞれに貸し出すものです。これまではアパート経営のように、土地活用としてマンションを建設する形が多かったものです。家賃効率を高めるために建築コストを抑えるのが特徴となります。 それから個人で購入したマンションの部屋を、資産形成などの目的で貸し出すマンション経営のスタイルが定着してきたものです。それぞれに仲介業者に依頼して賃借人を探すことになります。もともと保有するマンションに住んでいたものが、転勤などの理由により空き部屋とならないよう賃借人を探すようになったのが始まりです。そして今ではマンション経営のために購入するケースが増えています。

マンション経営は現在、中古マンションの人気の高まりによって行う人が増えています。サラリーマンでも手軽に購入できることから、これからも資産を作るために、あるいは将来の安定収入のためにさらに需要が高まると見られています。 それをサポートする不動産業者のサービスも充実してきています。家賃収入を得ることが前提のマンション経営ですが、空き部屋となるリスクもあるものです。そのための保険として、家賃保証も多く提供されるようになってきています。また、どのようにローンを組むのか、短期売却することも考慮するのかなど、マンション経営に関するセミナーも多く開催されています。それだけ多くのマンション経営人が検討していることがわかるというものです。